FC2ブログ

Emancipation

Category: Mutter

Comment (0)  Trackback (0)

ば~ちゃんに会いたい。

t02200165_0320024012630983352.png

褒めてもらったのに気分を良くして
久しぶりにブログをアップしてみる気になりました。

この画像は
アメーバピグというので遊んでいる自分の図なんだけど

その中で今
『ば~ちゃんち』というコンテンツがあって

根っからのば~ちゃん子であった自分は
存在を知るやいなやすっ飛んでって
無駄に長時間そこで過ごしたりなどしてみました。


ほんとにば~ちゃんネタに弱い自分で
そこにいる間に
異常にセンチな気分になって
しまいにゃ泣けてきちゃったりなんかしたほどなんだけども

小さな頃から
自分の居場所などどこにもないというような
そんな環境に身を置くはめになってばかりで

保育園でも
小学校に上がってからでも
中学に上がってからでも
高校でも

数々の預けられ先でも
継父と暮らす家の中にも
母に連れられた住み込み先にも
一人で暮らす家の中にもという具合に

点々と『暮らしフィールド』は変わったけれど
本当に、どこにも自分の居場所なんかあった試しがなかった。

唯一、自分の居場所を提供してくれた人が
他ならぬば~ちゃんで

ば~ちゃんと暮らした短い期間だけが
40過ぎた今でも心の拠り所になっている気がする。


子供らしく扱ってくれて
自分らしくいて良かった。

エレキングが欲しいと言ったら
謎の変な怪獣を買ってくれたりなどの
面白エピソードもあったし

いつもクールなば~ちゃんが
まんまと地域の公民館にやってきた
キャッチセールスにはまって
70万とかする布団や
アレルギーが起きて飲めやしなかったクロレラを

きゃっきゃ言いながら買うさまに驚愕したり

そこら辺を思い出すと
やっぱば~ちゃんもただの人間だったなっていうか
至らないとこもある人だったなとも思うのだけど

それでも

ボクにとっては最高最強のば~ちゃんで。


ば~ちゃんは
今一緒に暮らしている娘が生まれる少し前に他界してしまって
とっくにこの世にいないのだけれど

困ったときはば~ちゃんを思い出す。

ば~ちゃんの教えてくれたこと
言ってくれたことは
どんなに時を経て状況が変わっても絶対で

無敵の正しさがあると思っている。


小さな頃から「変わった子」であったボクは
一緒に遊ぶ友達たちに
接し方がわからなくなるのか

バカ、だの、キチガイ、だの言われることもあって
そのたびに、平然とスルーして
泣いたり怒ったりもせず
何食わぬ顔で家に帰って平気でいたんだけど

それは本当に何食わぬことだと思っていたかというと
まったくそうではなくて
何がバカげていたのかも解らなければ
何を持ってしてキチガイと思われたのか解らず
リアクションを取ることができなかったからで

夕飯の時なんかにば~ちゃんに話す。

『今日、バカって言われたよ』
『キチガイ、って言われたよ』


そんな時ば~ちゃんは
瞬速で

バカって言った人がバカよ。

キチガイって言った人がキチガイよ。


と言ってくれた。

とてもとても当たり前の事として
ひどくさらっと、なんてこと無いじゃん。みたいに。


このようなことは
誰しもが優しい大人に言われることの一つだけれど

初めてこのことを言ってくれたのがば~ちゃんで
しかもその言い方が・・・あの瞬速的なタイミングも絶妙で・・・
とにかく・・・魂レベルで、ボクを救ってくれた。



小学生の頃
『Signちゃんはいつも反対の事ばかりいうから良くない子だと思います』というメモが
学級会議箱に投げ入れられたことを受けて

学級会議にかけられ
多くの生徒から血祭りにされたことがあったのだけど
(厳密には、反対意見で庇護してくれた子もいたけども)

その時もやはりショックのために
リアクションが取れず、言われるままになって家に戻り

これまた夕飯時にぼそっと

『今日は学級会議の議題になったよ』と伝えたら

また瞬速で

そんなくだらんこと、付き合わんでよか。

と言ってくれた。


そんな感じでいつも
ば~ちゃんはいつもさらっとクールにボクの味方で

どんなことがあっても、たいしたことないと教えてくれた。


お天道様が見ちょっど。

というのもば~ちゃんの口癖。


思えばこのブログの中で
何度もば~ちゃんのことは話しているかもしれないんだけど

そんなば~ちゃんの理論によれば
とにかく、いつどんなときもお天道様が見てるから大丈夫、と、これなのであって

良いことをすれば、お天道様が見てて
悪いことをしても、お天道様が見てて

それってつまり
自分が見てるだろ?自分が誰より見てるだろ?ということで

細かい説明なしに
すべての事象に適用される
無敵の倫理観を教えてくれたに等しく

そういう意味でも、ば~ちゃんは凄い人だったと思っている。



ば~ちゃんに

それマズいよと何度いっても
問答無用で毎回出してくれていた
お砂糖がけのスライストマトも

それ気持ち悪いよと何度言っても
問答無用で切り分けてくれた
じゅくじゅくの完熟の柿も

もうそれ飽きちゃったよといっても
何度だって食卓に並べられる
アジのマリネも

コレやだよ、といって毎度残すのに
やっぱり取り除かないままの
出汁用のイリコがそのまま入った味噌汁も

あの頃は嫌いだったものばかりだけど

今また食べれるならどんなに嬉しいかしれない。



今、心身ともに病んでしまって
外出すらままならなくなるほどに弱ったボクが
ば~ちゃんちに行ったなら

ば~ちゃん、どうしてくれるかな。

なんにも話さず
淡々とただ、アジのマリネとイリコ入り味噌汁出してくれるかな。


それらを食べながら

『危ない目にあった時、そばにいたのに誰も助けてくれなかったよ』って言ったら

ば~ちゃん、なんて言ってくれるかな。

『ボクのせいだといって、死のうとした人がいたよ』って言ったら

ば~ちゃん、なんて言ってくれるかな。



ば~ちゃんに会いたいな。
ば~ちゃん、どこかにいるのかな。

そんなことばかり、考えてる。いつも。
寝る前なんかに、そんなことばかり、考えてるんだ。


ば~ちゃんのいうお天道様ってのは
まだいるんだよね?たぶん?

何だかよそ見してるのかもしれないから
ちょっとちゃんと見てやってと
言ってくれないかな。


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ひとりごとのようなもの  ジャンル : 日記

Comments






Profile

Sign3121

Author:Sign3121
プリンス狂で
おおよそ頭がいかれてる脳内両性具有。
つまり、バイセクシュアルってことです。

もうちょっと詳しい事はこちら⇒Click

Follow Me


Calendar
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Search
Counter
My Last.fm
Chocolate Box
Tumblrブログアーカイブ
Booklog
ブロとも申請フォーム
Links

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019