FC2ブログ

Emancipation

Category: LGBT

Comment (4)  Trackback (0)

性別は関係ない?

バイセクシュアルです。ということを公言して
知ってる人は知っている、わかっている人はわかっているという程度の
中途半端なカムアウト状態の中

Web活動をするようになって数年。

Ursula and Zhora

実際はきちんと
自分の生まれ持った性別と『望むところ』を
きっちりと明記した上で語った方が
楽なことってたくさんあるんだけど

今日は

『自分はバイセクシュアルなんです』と言った時に
ありがちのよくある反応で

『そうだよね。恋愛に性別関係ないもんね。』

という事に関して


んなことあるかいな。

性別は関係あるから
ボクは生まれ持った性別を
ハッキリと明言しないでいるんじゃん。

関係ありますったらあります!という

そこらへんのことを書いてみようと思う。




様々なジェンダーが明らかになってきている昨今。

この世は何も男と女だけってんではない。っていうことに
非常にナーバスになっている方も多く見受けられるWeb上で

ジェンダーのことをはっきり語るのも
なかなか難しくなりつつある気がしてるんだけども

自分としては

男でも女でもないというXジェンダーと言う人であっても
うちうちに抱えた(抱えさせられた)
『男らしさ』『女らしさ』の定義ってのはあるはずと思ってる。

男女のいずれにも合致してないというのをXジェンダーというのだろうけど

それでも、男女の定義自体の存在は、わかってるはずで

それをおおよその基軸として
世の中の一般的な性別区分が定まってるというのも、わかってるはずで。


その背景から
いらっとさせられることや
残念な気持ちにさせられることや
憤りを抑えるのが困難になるほど頭にくることなど
様々にあるとはいえ

そこは

ノンケもアンノンケ(わかりやすくこういうことにするよ)
関係ない部分と思う。


例を出して考えてみようと思う。


ケース1
女の癖に・・・女の子でしょう?・・・女らしくしなさい!と
言われ続けた女の子。

ケース2
男の癖に・・・男だろ?・・男らしくしろよ!と
言われ続けた男の子。

ケース3
女なのに男の子然として生きることを強いられてた女の子。

ケース4
男なのに女の子然として生きることを強いられてた男の子。




このような場面で

問題なのは
その子の体の性別ではなく、ハートの性別だよね?
その子の望む方向性のことだよね?


ケース1では

その子が女の子として生きることになんの不思議もなかった場合
つまり、肉体もハートも女だった場合であっても

ボーイッシュな女の子、ということで行きたかっただけなのに
そのことをと咎められ続けた、というケースもあれば

誰がどう見ても女であるのに
なんでか家庭の事情や
個々の人間関係事情などで、更なる女らしさを強いられたケースもあるね。

ケース2では

その子が男として生きることになんの不思議もなかった場合
つまり、肉体もハートも男だった場合であっても

フェミニンな男の子
或いはおしゃれで細やかな男ということで行きたかっただけなのに
オカマだなんだ言われてみたりで咎められ続けたというケースもあれば

誰がどう見ても男であるのに
なんでか様々な事情で、更なる男らしさを強いられたケースもある。

ケース3では

肉体もハートも女として生まれているのに
家庭の事情とかなんとかで、男として育てられちゃったケースもあれば
(息子が欲しかった、跡取りが欲しかったなどなど)

肉体は男だけどハートは女なのにって言うケースもある。

ケース4では

肉体もハートも男として生まれているのに
家庭の事情とかなんとかで、女として育てれらちゃったケースもあれば
(娘が欲しかった、女系家族だったなどなど)

肉体は女だけどハートは男なのにって言うケースもある。


このように
ノーマル、ノンケ、ストレートなどと表現されるところの
一般の性指向の人であってもなくても
似たような苦悩を背負う場合も少なくない。


だから

そこはとっくの昔からみんな平等。と思ってる。

なのでなんも男女別の概念、男らしさ、女らしさってのは
何とかしなきゃならん考え方だとは思わない。

すごく根深いし、当然のこととして
DNAレベルで本能的に備わってる部分でもありで

どうにもならんことと、自分は思ってる。


種の保存をしていかねばならん我々は
基本的に、この概念なくしては、この本能なくしては
いろんなことが成り立たんのよ。うまく説明できないけども。

また社会秩序を『いい具合のとこ』で折り合いつけて保たせる意味でもね。


ただ、なんとかしたいと思うところは

その男女別概念、男らしさ、女らしさを
本人の自己申告制でお願いしたい。というところ。


例えばさ
オネエとかオカマの道ってあるでしょ。

その道を行くぞ~って人達はつまり
女になりたいという希望の上で、そうしてるでしょ。

それで、見た目や立ち居振る舞いなどの言動のすべてを
へたすりゃ本物の女より女らしくやってくことで
自己を保ってたりするし、表現しようとしてる。

そして『あたしは男が好き』というのも出していってるでしょ。

彼女(彼)らには性別、めっちゃ関係あるだろうな、というのが
ちょっと想像したらわかるはず。

女になりたい。そして男が好き。

めっちゃはっきりしてるんだよね。


それと同じに、オナベもはっきりしてる。

見た目や立ち居振る舞いなどの言動のすべてを
へたすりゃ本物の男より男らしくやろうってことで
自己を保ち、表現しつつの中で

男になりたい。そして女が好き。


ホモセクシュアルの人は

見た目や立ち居振る舞いなどの言動のすべてを
男らしく男のままに
男ならではの美とたくましさの中で生きて
自己を保ち、表現しつつの中で

男のままで、男が好き。

レズビアンの人は

見た目や立ち居振る舞いなどの言動のすべてを
女らしく女のままに
女ならではの美としなやかさの中で生き
自己を保ち、表現しつつの中で

女のままで、女が好き。



個人差はあるけどもね。この中にも。

肉体改造や戸籍書き換えまでも視野に入れていこうという人もいれば
体はそのままでやってやろうっていう人もいる。
またその中に男装・女装までは行く人もいれば
男装・女装は大好きだけど、ストレートです。なんて人もいる。

いずれにしても
本人の希望の性別の『らしさ』で行きたいというのが基軸。


そもそも

男にも女の一面があるのも
女にも男の一面があるのも当然だし周知の事実で

いまどき『乱暴な物言いをするから男』てのもなかったり
『丁寧に暮らすことを好む人だから女』てのもなくなってて

『らしさ』の定義も多様化してるけど
混乱するから、そこは今回はいったんきゅっと目をつむって
ざっくりとした『らしさ』のことを頭において考えて欲しい。



そこで・・・難しいのは
ボクみたいな『どっちもあり』の人で

このブログの簡単なプロフに
『脳内両性具有です』と謳っている自分には

脳内に

男女の別をはっきりさせる
『男女別スイッチ』みたいなのがあると思ってる。

大抵は普段
男性と接する時は『男』にスイッチが入っていて
女性と接する時は『女』にスイッチを入れている。

それは

その人に恋愛感情を抱いていないから。

自分が男性を見る時、女性を見る時
最初は恋愛感情を抱いていないから
『同性の仲間である』という姿勢で接しようとしているってわけ。


逆に恋愛感情を入れようという魂胆(?)がある場合や
恋愛もありっていう余白を残そうっていうような場合は

男性と接する時は『女』にスイッチを入れ
女性と接する時は『男』にスイッチを入れる。

そう。ボクは、ノーマルな恋愛希望です。てこと。

男として女を愛する時は、男の魅力で女を魅了したい。
女として男を愛する時は、女の魅力で男を魅了したい。


この時に
相手には『今どっちスイッチ?』てのが
わからないのが難しさとめんどくささになってて


先に触れたように
どうだから男、どうだから女、てのもいろいろでしょ。

具体的に言うと
例えば『ダメだっつってんだろ~?』というセリフがあって

このセリフの文字だけで
男か女か判別付きますか?っつ~話ね。


付かないんだよ、これが。
Web上でもほんとわかんないの。大抵。

だからアイコンや自人称でざっくりと判別する。みんなもそうのはず。

つまり
Web上ではアイコンや本人の使用する自人称が
『こっちの方向でお願いします』っていう自己申告という感じになってるわけ。



あ~ここでもこまいことは言いっこなしでね。

ボク、というボーイッシュな女の子とか
私、という大人で紳士な男とか、そゆのはまた違う話として。


で、ところがぎっちょん。


リアルの場合は!

肉体改造や男装・女装がないと
『こっちの方向でお願いします』が難しい。


そこで、肉体改造や男装・女装なしで行きたい場合は
多少大げさくらいの『らしさ』を
立ち居振る舞いや言動に出していかねばならなくなる。

しかしなんやこれ
そうしていくってのも
なんか自分としてはできない、やりたくない、そこまでやれそうにない。となると

実にわかりづらいことこの上ないことに。


肉体改造とか男装・女装が出来るだけ楽だよねって話にもなる。


なんてったってわかりよいもの。
『自分はこっちですから!そこんとこよろしく!』ってのがね。


そこらはさ。

美意識とか
生まれ持った体は愛してるの、これはこれで。とか
それこそまたいろんな理由があるんだけども

なにしろ、めんどくさい。



まして自分みたいに

男として女を愛したいし、男の魅力で女を魅了したい。そして
女として男を愛したいし、女の魅力で男を魅了したい。というような形の

バイセクシュアルは、複雑さをより一層濃いものにし


場合によっちゃ、今どっちやねん。となるんです。自分でも、ええ。


そんでまあ

『性別関係ない中性でんがな』みたいなとこで折り合いつけてて
それが恋愛の足かせにもなるんだけども


実際は男らしさ、女らしさはとても大事と思ってる。


男らしい女は好みではないし
女らしい男も好みじゃない。

そのくせ

女のような女々しさもあってこそ男とか
男のような潔さこそ女の気風とか

そんなことも思ったりするから、またこれややこしいんだけども。



なにしろ言いたいことは
性別は自己申告制ということで行きたい。
それで行こうよ、そうしようよ、と思ってるってこと。

その上で
女は女らしく、男は男らしく
思う存分『自分らしさ』を請け負って、認め合って行こうよ、と。



なのでね。

性別なんか関係ないよねっ。てのには、自分は反対。
関係あるよ、絶対。

そこ崩すと、話わかんなくなるもの。
ただでさえ複雑でめんどくさいってのに。

ほんとは単純に

粋に生きようよ、粋によ。って言うシンプルなことなんだけど


粋な振る舞いってのもさ
たぶん、男らしさ、女らしさに所以するとこも多くて

そういう意味でも、やっぱ大事だと思うんだ。


『自分はどう生きたいか』の表現のためにも

性別関係なく人としてまず
粋に生きよう!ってのを実践するためにもね。



で、今回

GID(性同一性障害)
FtM(精神が医学的に男と認められる女)及び
MtF(精神が医学的に女と認められる男)のことにあえて
触れるような触れてないようなみたいなラインで書いたけど

それらに関してはまた別の時に。


関連記事
スポンサーサイト




Comments

すると、
すると、もしSignさんと対面したときに
いちおう「わたしに恋愛感情とくにありませんよね」と確認して
「そうです」だったら、Signさんは女ってことで安心して接しられるということで
あってるでしょうか・・
まずは、コメントありがとうございます。
とりあえず
ハッキリしていることは

あなたがどのような身なり、ルックスであろうとも
『あたしは女です。女っつ~ことで!』と言うたなら

了解。そのように!ということで接するということ。

あなたが女であれば、最初、こちらも女で行きます。
なので、安心して(?)『女同士の付き合い』でイケると思います。

そして加えて言うならば

自分は求められてないうちに
反対の性(恋愛対象となりうる側の性)を出すことってほぼないです。

求められてるかどうかってのはほら
うまい具合に、なんとなくわかるもんですよね。言葉に出来ないけども。

闇雲に口説き落とそうとしたりしませんし恋もしません。
たぶんそれも、ノンケもアンノンケも同じですよね。

気がない人にいきなり燃えあがって・・・って、それは
いろんな意味で、なかなか難しい。そこは普通なんです。

気がない人にいきなり一方的に燃えあがるとか
何とかしようと下ごころを抱くなんてのは
まずないんで、そういう意味でも、安心してお付き合いください。

よくわかりました。
安心、というのは、男女どっちだと思えばいいのか迷わないで接しられるという意味で使いました。
身近でいないと考える機会もなく、はじめて耳にした考え方だったので印象深かったです。
なるほど!
今どっち?という点で、はっきりした方が安心、という、安心ですね。

なかなかいないと思います、実際(^_^;)
今どっち?ってのは意外に簡単で
『見えている、感じてる側』が正しいです。多分おおよそ。
男だと感じれば男、女だと感じれば女。

そして何より、男である前に、女である前にまず
『同じ人間っすね』てとこでどうでしょう。

たぶんそれが正解かもしれんです。






Profile

Sign3121

Author:Sign3121
プリンス狂で
おおよそ頭がいかれてる脳内両性具有。
つまり、バイセクシュアルってことです。

もうちょっと詳しい事はこちら⇒Click

Follow Me


Calendar
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Search
Counter
My Last.fm
Chocolate Box
Tumblrブログアーカイブ
Booklog
ブロとも申請フォーム
Links

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019